■ページタイトルを作成。Google SEO対策編

・重複コンテンツ、実質のないコンテンツにならない為の注意点

Googleにペナルティを科されない文章を心がけてください。

Googleのペナルティとは・・・
簡単に説明すると、サイトが検索結果から除外されることです。検索結果に表示されないと、ドメインを入力する以外での サイトへの流動が無くなります。オリジナルで、各ページを似たような文章にしなければ大丈夫なのですが、 他サイトの文言をそのまま使用したり、地名だけを変えて複数ページを作るなどの手抜きがGoogleのロボットは見抜くのが非常に上手です。

ページタイトルを作成する際に、Googleからのペナルティを注意した文字選びをしましょう。 ページタイトルが似通っていると、中の文章も似てしまう恐れがあります。
Googleの注意ページを貼っておくのでページと、そのページのリンク先などを読んで Googleが好まないライティングをしないよう心がけて下さい。

重複するコンテンツ
https://support.Google.com/webmasters/answer/66359?hl=ja

実質のないコンテンツ(価値のない質の低いコンテンツ)
https://support.Google.com/webmasters/answer/2604719?hl=ja

・Googleの検索結果からの流入を意識してページタイトルを作る

ページのソースを見ると、ページ内容にあたるbodyタグの前のheaderタグ内に titleがあり、その前後に meta keywords meta descriptionというタグがあります。

title - ページタイトル。28文字で書いてもらっている文章です。
meta keywords - メタキーワード。このページの重要キーワード。3つ程度でOKです。
meta description - メタディスクリプション。このページの概要。64文字から124文字推奨。

この段落のページタイトルで例を挙げてみましょう。

title - メタキーワードに入れたい重要キーワードはタイトルに入れる
meta keywords - メタキーワード,タイトル,重要
meta description - メタキーワードとページタイトルの相関性について。メタキーワードやメタディスクリプションと ページタイトルを関連づける事によって、検索したユーザーがサイトに訪れる可能性が上がります。

ページタイトルを作成後、メタキーワード、メタディスクリプションを作成するので、ページタイトルの時点で、 最低でもメタキーワード3つが想像出来るような文章にしましょう。
メタキーワードは、そのサイトに訪れる人が検索エンジン窓に打ち込む複合キーワードと考えて下さい。

ページタイトル作成のお仕事 概要

  • ■目次作成のお仕事概要
    • ・webサイトの目次(ページタイトル)作成の概要、条件等
  • ■ページタイトルを作成。必要な文章スキル編
    • ・ページタイトルはwebサイトにおいて最重要センテンス
    • ・Googleの検索結果からの流入を意識してページタイトルを作る
    • ・基本ルール:28文字まで。英語数字は、半角。カタカナは全角
    • ・本文に「何が書いてあるか」を28文字で伝える事が必須
    • ・ページタイトルに使えるキャチコピー例、参考サイト一覧
    • ・ページタイトルの悪い例。気をつけたいポイントなど
    • ・ページタイトルをグループごとにまとめて目次の完成!
  • ■ページタイトルを作成。Google SEO対策編
    • ・重複コンテンツ、実質のないコンテンツにならない為の注意点
    • ・メタキーワードに入れたい重要キーワードはタイトルに入れる