■ページタイトルを作成。必要な文章スキル編

・ページタイトルはwebサイトにおいて最重要センテンス

本の場合は、タイトルと目次の見出しを比べると、タイトルの方が重要ですが、 webサイトは1ページ、1ページの見出しが本のタイトル並に重要です。

本の場合は、本背表紙を読み、気になって目次、中身をペラペラとめくることが出来ますが、 webサイト、特にgoogleなどの検索エンジンから、検索して情報を得る場合、 googleは、本のタイトル一覧を検索結果にせず、本の目次の中の見出しを一覧に検索結果として出します。 「あなたが気になったキーワードは、(○○という本の)このページに書いてあるよ」というような検索結果ですので、 webサイトは、本の目次にあたる1行、見出しが最重要になります。

・googleの検索結果からの流入を意識してページタイトルを作る

検索エンジンを通してサイトに訪れる方は、

・知りたい事がある
・理解したい事がある
・悩みを解決したい

というニーズがあります。このニーズ応える第一歩として、ページタイトルの工夫が必要不可欠です。

googleで検索をした際に、サイトタイトル一覧が並ぶのではなく、ページタイトルの一覧が並びます。 つまり、本のタイトルでユーザーを引きつけるのではなく、ページタイトルで引きつけなくてはならないのです。

・基本ルール:28文字まで。英語数字は、半角。カタカナは全角。

ページタイトルの基本ルールの確認です。

・全角28文字まで
・英語、数字は半角
・カタカナ、句読点は全角

全角28文字というのは、googleのPCの検索結果に表示される文字数です。 昔はもう少し長くても大丈夫だったのですが、googleの使用によりちょこちょこ変わります。 28文字以上になってしまうと、28文字目が、…になってしまいます。 また、短すぎると、テキストリンクの長さも短くなってしまいます。 20文字以上、28文字以下になるように作成をお願いします。

・ページ、タイトルに使えるキャチコピー例。

○○の効能
なぜ今○○が注目されているのか
○○初心者の為の3つのポイント
○○に求められる、期待される、期待したい3つの効果
○○を使用する際の注意点

またこちらのサイトも非常に参考になります。
http://bazubu.com/30headline-12.html
http://self-power.info/blog/copy-writing-77.html

・ページタイトルの悪い例。気をつけたいポイントなど

goolgeは、重複コンテンツ、実質のないコンテンツに対してペナルティを科します。
商品違い、県名、地域違いのページなどのライティングは特に気をつけないといけません。 ページタイトルの悪い例を挙げますので参考にして下さい。

・ページタイトルをグループごとにまとめてサイトマップの完成!

サイトマップは、そのページタイトルを束ねたもので、本でいう目次にあたります。
下にあるページタイトル作成のお仕事概要を見てください。
・からはじまる見出しが、ページタイトルです。
■からはじまる文章は、グループ分け、章単位の見出しとなります。
・からはじまる文章に固有ページ(文章)が存在し、■は見やすさによるグループ分けの見出しとなり、今回お願いするwebサイト上では固有のページは存在しません。

ページタイトル作成のお仕事 概要

  • ■目次作成のお仕事概要
    • ・webサイトの目次(ページタイトル)作成の概要、条件等
  • ■ページタイトルを作成。必要な文章スキル編
    • ・ページタイトルはwebサイトにおいて最重要センテンス
    • ・googleの検索結果からの流入を意識してページタイトルを作る
    • ・基本ルール:28文字まで。英語数字は、半角。カタカナは全角
    • ・本文に「何が書いてあるか」を28文字で伝える事が必須
    • ・ページタイトルに使えるキャチコピー例、参考サイト一覧
    • ・ページタイトルの悪い例。気をつけたいポイントなど
    • ・ページタイトルをグループごとにまとめて目次の完成!
  • ■ページタイトルを作成。Google SEO対策編
    • ・重複コンテンツ、実質のないコンテンツにならない為の注意点
    • ・メタキーワードに入れたい重要キーワードはタイトルに入れる